Top

[AviUtl]口パク、目パチの設定方法

ボイさん
ボイさん

Voiceroidの立ち絵に口パク、目パチさせる方法を説明します。

AviUtlではボイスロイドのキャラクター立ち絵がセリフに合わせて口パクしたり、一定間隔でまばたきするように設定できます。

今回はキャラクターに口パク、瞬きさせる方法を解説します。

 

この記事を読むとVoiceroidキャラクターの立ち絵で口パク、目パチさせたい。

 

こんな人におすすめ!①Voiceroidの立ち絵をセリフに合わせて口パクさせたい
②voiceroidの立ち絵を一定間隔で瞬きさせたい

 

Voiceroid動画編集で口パク、目パチするやり方

 

音声合成ソフトが安いサイトで
A.I.Voice2を見る

PSD ToolKitを入手する

PSD ToolKit

 

まずは下のサイトからPSD ToolKitというAviUtlのプラグインを入手します。

PSD ToolKitをダウンロードする

AviUtl

 

ダウンロードしたフォルダの中にあるscriptフォルダ以外全てをAviUtl.exeがある階層にドラッグアンドドロップします。

 

AviUtl

 

その後scriptフォルダにある中身全てをAviUtl側のscriptフォルダに入れます。

これでPSD ToolKitの設定は完了です。

 

口パクのやり方

口パクの準備

 

voiceroid

まずはボイスロイドの立ち絵(psdファイル)をAviUtlのタイムラインにドラッグアンドドロップします。

Voiceroidの立ち絵の入手方法はこちらから確認できます。

voiceroidの立ち絵を1分で手に入れる方法!
voiceroidの立ち絵を手に入れる方法と加工できるソフトを紹介します。

 

voiceroid

次に編集→PSDToolKit→環境設定をクリックします。

 

voiceroid

このように設定をします、こうすることでwavファイルをShitfキーを押しながらタイムラインにドラッグアンドドロップすると自動で口パク準備や字幕準備のオブジェクトが生成されます。

 

voiceroid

voiceroid2側の設定では、赤い矢印のテキストファイルを音声ファイルと一緒に保存にチェックしてwavファイルを作ります。

 

voiceroid

作ったwavファイルをShiftキーを押しながらドラッグアンドドロップすれば口パク準備と字幕準備のオブジェクトが作られます。

 

字幕はいらない場合

 

voiceroid

口パクは必要だけど字幕はいらない場合は右クリック→メディアオブジェクトの追加→PSDToolKit→口パク準備をクリックすれば口パク準備のみ作れます。

 

字幕表示の設定

 

voiceroid

字幕の表示方法ですが、タイムライン上で右クリック→メディアオブジェクトの追加→PSDToolkit→字幕表示をクリックします。

今回はLayer6で作成します。

 

voiceroid

次に字幕表示のオブジェクトをクリックして下側にあるLayer=数字を、字幕準備のレイヤーと同じにします。

今回はLayer4に字幕準備オブジェクトがあるので、4と入力します。

 

voiceroid

するとvoiceroid2で入力したテキストの字幕が表示されます。

 

voiceroid

字幕は縁取りといった編集が可能です。

これで字幕の編集は完了です。

 

セリフに合わせて口パクさせる

 

voiceroid

つぎはwavファイル音声に合わせて口パクする設定をします。

口パク準備をクリックして赤い矢印の参照をクリックします。

 

voiceroid

その後タイムラインに入れたwavファイルを選びます。

 

voiceroid

次にvoiceroidキャラクターの立ち絵をクリックして右上のプラスマークをクリックします。

 

voiceroid

そしてアニメーション効果を選びます。

 

voiceroid

その後追加された項目を上の画像のように設定をします。

 

voiceroid

次に編集→PSDToolKit→ウィンドウを表示をクリックします。

 

voiceroid

するとこのウィンドウが表示されます、画面は閉じないようにしてください。

 

voiceroid

ウィンドウを表示させたら先ほどの口パク開閉のみ@PSDの右側にある設定をクリックします。

 

voiceroid

するのこのパラメータ設定画面が表示されます。

 

voiceroid

 

その後ウィンドウ画面で口フォルダにある口を開けるレイヤーを選んで右クリック→口開けるを開きに割り当てを選びます。

voiceroid

同じように口を閉じるレイヤーを選んで右クリック→口閉じるを閉じに割り当てを選びます。

 

voiceroid

設定ができたら口フォルダのみ表示にしてフォルダの中にあるレイヤーは非表示にします。

キャラクターの口がない状態になればOKです。

 

voiceroid

最後にウィンドウ左上の送るをクリックします。

これを押さないとAviUtlの立ち絵に設定が反映されません。

 

voiceroid

そして口パク開閉のみ@PSDの上で右クリック→フィルタ効果を上に移動を選びます。

 

voiceroid

上の画像のようになっているはずです、描画@PSDが一番下になっていればOKです。

 

voiceroid

その後ボイスロイド立ち絵のlipsync=数字のところを口パク準備オブジェクトのレイヤー番号と同じにします。

今回はLayer3に口パク準備があるので3と入力します。

 

voiceroid

一度設定すればこのようにあとで追加した音声にも自動で反映されます。

 

目パチの設定方法

voiceroid

次はキャラクターに自動で瞬きさせる設定をします。

voiceroidキャラクター立ち絵を選んでアニメーション効果を追加します。

 

voiceroid

設定は上の画像のようにします。

 

voiceroid

再びウィンドウを表示を選びます。

 

voiceroid

そして右側にある設定をクリックして、パラメータ設定ウィンドウを開きます。

 

voiceroid

その後ウィンドウの目フォルダにある目を開けるレイヤーを選んで右クリック→目開けるを開きに割り当てを選びます。

 

voiceroid

同じように目を閉じるレイヤーを選んで右クリック→目を閉じるを閉じに割り当てを選びます。

 

voiceroid

設定が完了したら目フォルダのみ表示にします。

キャラクターの目が見えなければOKです。

 

voiceroid

最後に左上の送るを必ず押してください。

 

voiceroid

そして目パチ@PSDの上で右クリック→フィルタ効果を上に移動をクリックします。

 

voiceroid

口パクと目パチが上にあり、一番下に描画@PSDがあれば大丈夫です。

 

youtube動画で見る

今までのやり方で作った動画がこちらです、これで口パク、目パチの設定ができました。

多目的スライダーの使い方

psd tool kitには多目的スライダーという表情を瞬時に切り替えられる操作があります。

多目的スライダーの使い方はこちらで解説しています。

[Aviutl]多目的スライダーの使い方
AviutlのPSD Tool Kitにある多目的スライダーの設定方法を説明します。

 

まとめ

  • PSD ToolKitをダウンロードする
  • 口パク準備、字幕準備レイヤーを作る
  • ウィンドウを表示して口開ける、口閉じるを選ぶ
  • 目パチ用のアニメーション効果を追加してウィンドウから目開ける、目閉じるを選ぶ

 

AviUtlは無料で使えるソフトですが、パソコンのスペックを満たしていないとフリーズすることがあります。

しかし高性能のパソコンは値段が高いので買いづらいですよね?

じつは高性能のパソコンを安く手に入れる方法があります詳しくはこちらから

Voiceroid動画編集におすすめのパソコンを安く買うには
Voiceroid動画を作るのに推奨スペックのパソコンと安く買う方法を解説します。