Top

Youtubeでボイスロイド動画の再生数を上げる対策

ボイさん
ボイさん

youtubeでボイスロイド動画の再生数を上げる対策を説明します。

今からYoutubeを始めてもたくさんの人が動画投稿してるので再生数はなかなか上がりません。

なので無料のツールを使って対策をしましょう。

この記事を読むとyoutubeの動画再生数を上げる対策がわかります
こんな人におすすめ!youtubeで動画の再生数を上げたい人

 

Youtubeでボイスロイド動画の再生数を上げる対策

 

音声合成ソフトが安いサイトで
A.I.Voice2を見る

無料のグーグルクローム拡張機能を使う

今のyoutubeは動画投稿している人が多いレッドオーシャン状態なので普通に動画投稿しても自分の動画が埋もれてしまいます、なので動画タイトルのキーワード選びが重要です。

ですが動画視聴者がyoutube検索でどんなキーワードを入力してるか把握しないと無駄なタイトルになります。

そのキーワードを調べるツールがTubebuddyというグーグルクロームの拡張機能です。

tubebuddyについて

tubebuddyはyoutube公認のツールです、公式が認めているので信頼性は高いです。

voiceroid動画に限らずあらゆる動画の再生数を上げる対策ツールとして利用できます。

料金は

  • スターター 無料
  • プロ 9ドル/月
  • スター 19ドル/月
  • レジェンド 49ドル/月

です、無料でも使える機能は十分なので基本はスターターを選びましょう。

tubebuddyをインストールする

tubebuddy

公式サイトへ行きインストールします。

 

基本的な使い方

tubebuddy

インストールが完了すると自分のyoutubeアカウントの上側に赤い枠でtbと書かれたアイコンがありますのでそれをクリックします。

 

tube buddy

するとこのような画面になるので「Keyword Explorer」を選びます。

Keyword Explorerは動画視聴者がどんなキーワードで検索しているかを調べることができる機能です。

tubebuddyは色々機能がありますがKeyword Explorerは一番使う重要な機能なのでこれだけ覚えておけば後は知らなくても問題ないです。

キーワードを入力する

tube buddy

Keyword Explorerを選んだら上側に検索枠が出るのでキーワードを入力します。

今回は「ゲーム実況 voiceroid」と入力してみます。

 

tube buddy

するとこのような画面になります、見るのはOverall Scoreの部分と下のScore Analysisの部分だけです。

overall score

全体のスコアを表示しています。

  1. Poor とても悪い
  2. Fair 悪い
  3. Good 普通
  4. Very Good 良い
  5. Excellent とても良い

の5段階評価になっています、もしpoorだとそのキーワードで動画タイトルを作るのはやめたほうがいいです。

今回の「ゲーム実況 voiceroid」はVery Good評価なのでこのキーワードでタイトルを作るのは良いと判断できます。

tube buddy

今度は「voiceroid実況」と検索してみます、するとスコアが最低のPoorになりました。

なので「voiceroid実況」というタイトルは色々な人がつけているため競争が激しく上位表示は難しいと考えられます。

このようにキーワードを変えるだけで競合の少ないタイトルで勝負できるので勝つ確率が上がります。

search volume(検索数)

検索量を表しています。

左の赤に近づくにつれて検索数が低く、右の緑に近づくにつれて多くなります。

右の緑に近づいた方が有利です。

Competition(競争)

ライバルとの競争の激しさを表しています。

左の赤に近づくにつれてライバルが多く、右の緑に行くほどライバルが少ないことになります。

こちらも右の緑に近づいた方が有利です。

Optimization Strength(最適の強さ)

これは動画のタイトルが検索エンジンに最適されているかを表しています。

ブログ運営のSEO対策と同じでタイトルのつけ方が良いか悪いかです。

これが右の緑に近いほど上位表示の動画はタイトルのつけ方が下手くそということです、そのため動画タイトルを最適化すればライバルに勝つ可能性が高いです。

これも右の緑に近づいた方が有利です。

# of Videos in Search Results(検索結果の数)

これは指定したキーワードで検索したとき表示される動画の数を表しています。

123と書いてあったら123個の動画でそのキーワードでタイトルをつけていることになります。

Kと数値の右に書いてある場合k=1,000なので20Kなら20,000という意味です。

Mと数値の右に書いてある場合M=1,000,000なので1.31Mなら1,310,000という意味です。

  • 1K=1,000
  • 1M=1,000,000

# of Monthly Searches(estimate)

これは月間の検索数の見積もりです、これは重要じゃないので無視してよいです。

voiceroidのキーワードを調べてみた

tube buddy

「voiceroid」と検索してみました、Poor判定ですね。

# of videos in search results欄を見ると1,890,000の動画タイトルで使われているため、ライバルが多く勝つ確率が低いです。

 

tube buddy

今度は「ボイスロイド」とカタカナ入力してみました、先ほどより検索数は落ちましたがGood判定です。

# of videos insearch results の欄を見ると738,000なのでボイスロイドというタイトルをつけているライバルは少ないとわかります。

なのでvoiceroidよりボイスロイドと入力したほうが上位表示される可能性が高いと思われます。

キャラクターの需要がわかる

これからボイスロイドを購入するときのキャラクターがどれだけ需要があるか調べることができます。

結月ゆかり

こちらはvoiceroidで一番人気の結月ゆかりです。

search volumeの欄がfairなので他と比べると検索数が多いとわかります、しかし982,000の動画で使われているのでライバルは多くOverall scoreはFair判定です。

 

琴葉茜

次は琴葉茜を調べていました。

search volumeはpoorで結月ゆかりと比べると落ちましたが、341,000の動画で使われているのでライバルが少なくOverall scoreはGood判定です。

このように買うキャラクターの参考にできます、もし判定がPoorだったらそのキャラクターは動画視聴者の需要がないので購入を見送ったほうが良いです。

voiceroidの人気キャラクターはこちらで解説してます↓

voiceroid動画で再生数を稼げるおすすめのキャラクター3選
voiceroid動画で再生数を稼げるおすすめのキャラクターを紹介します。

まとめ

  • youtubeは競争が激しいので動画タイトルの最適化が重要
  • tubebuddyを使って需要のあるキーワードを選ぶ