Top

Voiceroid初心者でもできる、チューニング、調声のやり方

ボイさん
ボイさん

今回は声のチューニングのやり方を説明します。

voiceroidでは声を調整して速さを変えたり抑揚をつけることができます。

今回はvoiceroidの調整するやり方を解説します。

 

この記事を読むとVoiceroidの声を調整する方法がわかります。

 

こんな人におすすめ!①voiceroidの声を調整したい
②voiceroidのチューニングのやり方を知りたい

 

voiceroid調声のやり方

 

音声合成ソフトが安いサイトで
A.I.Voice2を見る

チューニング画面を見る

 

voiceroid

 

まずチューニングのマスターをクリックします。

マスターでは声の音量、読み上げ速度を設定できます、ここで設定したものはすべてのvoiceroidキャラクターに反映されます。

 

項目 説明
音量 読み上げ音量を調整、数値が高いと音量が上がる
話速 読み上げ速度を調整、数値が高いと速度が上がる
高さ 読み上げの高さを調整、数値が高いと高くなる
抑揚 読み上げた時の声抑揚を調整、数値が高いと抑揚が強くなる
短ポーズ 短ポーズを調整(初期値150ミリ秒=0.15秒)
長ポーズ 長ポーズを調整(初期値370ミリ秒=0.37秒)
文末ポーズ 文末ポーズの長さを調整(初期値800ミリ秒=0.8秒)

 

voiceroidの初期状態では音量が小さく、話速が遅いため棒読みのようになります。

なので音量、話速、抑揚を高めに設定します、もし設定に迷ったら上の画像の数値にすればいいと思います。

 

voiceroidの基本的な使い方を確認したい方はこちらのページを読んでください。

voiceroidの使い方を初心者向けに解説!
初心者向けにvoiceroidの使い方を説明します。

 

各voiceroidのボイスを調整する

 

voiceroid

 

次はボイスをクリックします、ここでは個別にvoiceroidの声を調整できます。

マスターで調整した数値はすべてのvoiceroidに反映されますが、ボイス画面ではこのキャラクターだけ声を大きくしたい、声の速度をゆっくりにしたい等の設定ができます。

他にも怒り、悲しみといった感情スタイルの設定もこちらでできます、(感情スタイルを設定できるキャラクターのみです)

 

voiceroid

 

ボイスで設定した数値は保存を押せば次に起動した時、その設定が読み込まれます。

 

フレーズの設定

 

語尾の設定

 

voiceroid

 

次は語尾の設定をします。

語尾を調整すれば疑問や断定と感情を込めることができます。

例として「こんにちは、結月ゆかりです。」の語尾を変えると以下のようになります。

 

 

マスター以外の設定をしたら登録を押す

 

ボイス、フレーズ、単語、語尾を変えたら下の画像の位置にある登録を押します。

voiceroid

 

この登録を押さないと設定した音声をwav形式で保存できません、忘れずに登録しましょう。

 

アクセントの調整

 

voiceroid

 

次はアクセントの調整をします。左のアクセントをクリックし、グレーの丸をドラッグすればアクセントを調整できます。

グレーの丸を上にあげればアクセントを強くすることができます。

 

 

ポーズの入れ方

 

voiceroid

 

次はポーズの入れ方です、ポーズは入れたい場所で右クリックして設定します。

短ポーズを挿入はマスターで設定した短ポーズが挿入されます。

長ポーズを挿入はマスターで設定した長ポーズが挿入されます。

任意長ポーズを挿入はポーズの長さを任意で設定できます。

 

voiceroid

 

ポーズの位置を設定できないときは文章に「、」を入力すればポーズを入れることができます。

 

voiceroid

 

ポーズを3か所入れた音声がこちらになります。

 

音量を調整する

 

voiceroid

 

次は音量を調整します、音量はポーズを入れられる箇所から変更されます。

赤いラインをクリックして上下に動かしてクリックすることで音量を調整できます。

 

voiceroid

 

上の画像みたいに設定した音声がこちらです。

 

話速を調整する

 

voiceroid

 

次は話速を変えてみます、調整した音声がこちらです。

 

高さを調整する

 

voiceroid

 

次は高さを調整してみます、調整した音声がこちらです。

 

抑揚を調整する

 

voiceroid

 

最後に抑揚を調整してみます、調整した音声がこちらになります。

 

特定文字の発音を変える

 

例えば「www」のように「クサー」と発音させたいのですがそのままwwwと入力してもそのまま発音してしまいます。下の音声のようにです。

 

voiceroid

 

そこで単語機能を使います、こちらは特定の文字を任意の発音にすることができます。

今回はwwwを「くさー」と発音させたいので上の画像のように設定し、登録を押します。

変更した音声がこちらになります。

 

voiceroid

 

うまく変更できたらテキスト欄にwwwと入力して音声保存します。

以上で調声の説明を終了します。

 

VSTプラグインを使えばエコーやリバーブをかけられる

 

Voiceroidで作った声はエコーといった叫び声を設定することができません、しかしAviUtlのVSTプラグインを使えば簡単に声に響きを入れることができます。詳しくはこちらから↓

voiceroid動画編集でエコー、叫び声の作り方
Voiceroidの声にAviUtlでエコーをかける方法を解説します。

 

まとめ

 

  1. voiceroid全体の設定はマスターで行う
  2. ボイスで各voiceroid個別の設定をする
  3. フレーズで音声の速度や高さ、語尾を調整する
  4. 単語で特定の言葉の発声を変える

続きはこちらから

VoiceroidUtilの使い方[voiceroid動画支援ツール]
voiceroidのwav音声を自動で配置できるvoiceroidUtilの使い方を説明します。