Top

MMDの使い方、動きをつける方法[初心者向け]

ボイさん
ボイさん

MMDでモデルに動きをつけるやり方を解説します

MMDで3Dモデルに動きをつける方法を解説します。

この記事を読むとMMDでモデルに動きをつける方法がわかります
こんな人におすすめ!・MMDに動きをつけたい

 

MMDの使い方、動きをつける方法[初心者向け]

MMDは無料で使えますが一定のスペックがあるパソコンじゃないとカクカクしたりフリーズして満足に動かせません。

MMD推奨スペックパソコンはこちらで確認できます

 

音声合成ソフトが安いサイトで
A.I.Voice2を見る

MMDモデルを読み込む

最初にMMDを起動します。

MMDモデル読み込み

そしてモデル操作の下にある読込で3dモデルを読み込みます。

 

MMDモデル読み込み

pmdファイルがMMDモデルなのでこれを選びます。

 

MMDモデル

うまく読込ができると画面にモデルが表示されます。

基本的な動かし方

動きで使うのは選択、回転、移動

MMD使い方

動きをつけるのに使う機能はボーン操作の選択、回転、移動です。

MMDはボーンを動かしてキーに動きを記録してアニメーションをつくります、そしてボーンの形でどの動きをつけられるかがわかります。

丸いボーン

MMDボーン

丸いボーンは回転に対応しています。

四角形のボーン

MMDボーン

四角形のボーンは回転と移動に対応しています。

表情をつける方法

MMD表情

表情は表情操作の所でカーソルを動かすことで変えることができます。

MMD表情変え方

プルダウンから表情のパラメータを変えることもできます。

動画で操作方法を見る

文章だけだとわかりにくいと思うので動画を用意しました、参考にしてください。

タイムラインで動きを記録する

MMDタイムライン

MMDの動きは左上のタイムラインという場所でキーに動きを記録してアニメーションにしていきます。

上の数字はフレーム数を表しています。

MMDタイムライン

MMDは30フレームで1秒という設定なので1秒の動きを作りたかったら30の位置をクリックして緑のラインを合わせます。

タイムラインに緑の線を合わせてその部分に動きを記録して、その動きになっていくというイメージです。

動きの登録方法

MMD動きを登録

動きの登録はボーン操作の左下にある登録を押して行います。

表情の登録方法

表情の登録

表情の登録はすぐ右上の登録を押して行います。

カメラ操作の方法

MMDカメラ操作

MMDではカメラの操作も記録できます、ズームインやフェードアウトという表現も可能です。

最初にモデル操作で「カメラ・照明・アクセサリ」に変更します。

MMDカメラ操作

その後マウスでカメラの位置を調整して、カメラ操作の右下にある登録を押します。

MMD操作方法

これらの機能を使ってアニメにしていきます。

動画で使い方を見る

文章だけだとピンとこないと思うので動画を用意しました。

モーションを読み込む方法

いちいち自分で動きをつけていくのは非常に面倒なのでモーションファイルを読み込む方法がおすすめです。

MMDモーションファイル

最初にモデル操作でモーションを適用したい3Dモデルを選びます、この時タイムラインの緑ラインは0フレーム(一番最初の位置)に合わせておきましょう。

モーションデータは緑のラインがある場所から適用されるので、特に意図がなければ0フレームの位置に合わせましょう。

MMDモーション

左上のファイル→モーションデータ読込を選んで入手したモーションデータを反映させます。

モーションデータの入手方法

ニコニコ静画やBowlroll.netで入手することができます、検索すれば色々でてくるはずです。

まとめ

  • MMDは選択したボーンを回転、移動して登録で動きを記録する
  • タイムラインは30フレームで1秒
  • モーションデータを読み込む方法が便利

続きはこちらから

MMDの使い方、背景、空を表示する方法[初心者向け]
MMDで背景、空を設定するやり方を説明します。

今でも十分使えるおすすめのMMDマニュアル、電子書籍対応!