Top

MMDおすすめの推奨スペックパソコンを安く買う方法

ボイさん
ボイさん

MMDを使うのにおすすめのパソコンを紹介します。

MMDは無料でCGアニメを作れるソフトですがパソコンのスペックを満たしていないと満足に動かせません。

今回はMMD向けのパソコンを説明します。

この記事を読むとMMD推奨のパソコンがわかります。
こんな人におすすめ!・MMDを問題なく快適に動かしたい
・おすすめのパソコンを安く手に入れたい

 

MMDおすすめの推奨スペックパソコンを安く買う方法

 

音声合成ソフトが安いサイトで
A.I.Voice2を見る

MMDの推奨スペック

MMDの推奨スペックは

  • OS windows 7(64bit)以上
  • CPU i5以上(できればi7)
  • GPU NVIDIA Geforce GTX950以上

これくらいのスペックがあれば十分動かせるといわれてます、そもそもMMDは古いソフトで2014年10月11日で更新は止まっています。

そのためパソコンに要求されるスペックはそんなに高くないです(エフェクトや読み込むモデルが多いと高スペックの方がよいですが)

windowsパソコンを選ぶようにする

MMDはwindows専用ソフトです、Macだと動きません、windowsパソコンを選ぶようにしましょう。

CPUはintelかAMDか

MMDはゲームと同じDirect Xで動作するのでゲームに強いintelがおすすめと言われています。

といっても自分はryzenのゲーミングPCでMMDを動かしていますが「動かないな」と感じたことはないです。

一番重要なのはCPUの世代と性能値なのでいくらintel i7でも古い世代だと最新のi3より性能が低いこともあります。

よく中古のパソコンショップで「最新のi7搭載パソコンですよ!」って宣伝していますが調べてみると10年以上前のパソコンで今の時代使い物にならないような性能の物を販売する詐欺まがいなこともあります。

なのでお金をケチらず最新のパソコンを買えば問題ないと思います。

グラフィックボード搭載のゲーミングPCを選ぶ

MMDは3DCGアニメを作るソフトなのでCGや動画をきれいに描画できるグラフィックボード(GPU)搭載のパソコンを選ぶようにします。

グラフィックボード搭載のパソコンは一般的にゲーミングPCと呼ばれているのでこれを手に入れれば大丈夫です。

ノートパソコンでもゲーミングノートPCならグラフィックボード搭載なのでこちらもOKです。

普通のパソコンじゃ動かない

普通のパソコンにはグラフィックボードは搭載されていません。

CPUやマザーボード上でグラフィックを描画するオンボードという機能で映像を映します、このオンボードがあるため普通のパソコンでも動画を見ることができます。

しかしオンボードはグラフィックボードと比べ性能が劣っているためゲームやMMDを使うとカクカクしたりモデルを正常に読み込めないことがあります。

とくに大量のモデルを読み込むと確実にフリーズします、いくら高性能なパソコンでもグラフィックボードがないと使い物になりません。

なのでグラフィックボードがあるかは最初に確認します。

グラフィックボードはどれを選ぶべきか

グラフィックボードはGeforce、Radeonとありますが、選ぶのはNVIDIA Geforceです。

理由はMMDはDirect Xで制作されているためです、そしてGeforceはDirect Xで動作しています。

Direct Xはwindows専用なのでMMDはwindows専用ソフトなのです。

一般的に

  • Geforce: 複雑な3D映像の描画が得意
  • Radeon: 高画質な映像が得意

と言われています、3DCGがメインのMMDを十分に使うならGeforceのほうが有利です。

それに「グラフィックボードは Geforce」とも世間では言われているのでこちらを選んだほうが無難です。

デスクトップ型かノートパソコンどちらが良いか

ゲーミングノートPCはグラフィックボードの性能や冷却装置がデスクトップ型と比べ劣っています、それに画面も小さいですからね。

なのでデスクトップ型が良いといわれています、といっても使い方次第なのでモデルを大量に読み込まない、凝った動画じゃなければゲーミングノートPCでも十分だと思いますよ。

メモリは16GB以上が良い

MMDはメモリが8GB以上あれば十分に使えるといわれています。

しかし大量のモデルやエフェクトを使うとメモリが8GBだと足りないです、特に動画編集ソフトはメモリが16GB以上あるほうが有利です、それにMMDで作った動画をAviUtl等で編集することもあると思います。

そのためメモリは16GB以上を選びましょう。

SSDは必須じゃないがあったほうが良い

MMDは読み込み速度は重視されていません。

MMDではモデルの読み込みを一度行い、メモリにデータを格納して動かすという設計になっているからです。

なのでHDDでも良いですがPCゲームや動画編集ソフトはSSDの方が早く読み込みできるのでSSD搭載パソコンがおすすめです。

なので2023年現在のスペックをまとめると

  • OS: windows 10、11(MMDはwindows専用ソフトなので)
  • CPU: i5以上、ryzen5以上(できればi7以上)
  • メモリ:16GB以上(動画編集やゲームで有利)
  • SSD搭載(動画編集やゲームで有利)
  • グラフィックボード:nvidia GeForce GTX 1650(VRAM4GB)以上

これくらいのスペックがあると良いです。

パソコンを買うならBTOショップが良い

ここまで読んだら家電量販店やアマゾンでパソコンを買うと思いますが、BTOショップなら安く高性能なパソコンを買えます。

BTOとは自分でパソコンのパーツ等を選んで購入する店です、こちらのメリットは高性能なパソコンを安く手に入れられることです。

一般的に家電量販店に売られているパソコンはソニーやNECといったメーカー製パソコンです、これらのパソコンは

  • 性能の割に値段が高い
  • 無駄なソフトがインストールされているため動作が重い
  • うざい広告が表示される
  • そもそもグラフィックボードが搭載されていないのが多い

とデメリットが多いので買わないほうが良いです、「本当かな?」と疑問に思うならBTOショップのパソコンと家電量販店のパソコンを比較してみてください、BTOのほうが高性能です。

BTOのデメリット

家電量販店みたいに店員がいないので質問ができず、自分でパソコンのスペックを調べて買わないといけません、自分で調べることが苦手なら大変かもしれません。

そしてショップによっては発送に1か月と時間がかかることもあります。

BTOのメリット

高性能のパソコンを安く買えることです、BTOの一番のメリットはここです、家電量販店やアマゾンではできないことです。

 

おすすめBTO

レノボは業界一コスパがいいと評判のBTOショップです。

値段が安いのに定評があり、ここはとにかくパソコンに使うお金を節約したい人におすすめです。

そして頻繁にセールを開催しているのでさらに安く手に入れるチャンスがあります。

支払方法は

  • 銀行振込
  • クレジットカード

が対応しています。

おすすめのデスクトップ型

Lenovo Legion Tower 5iはCPUi5、メモリ16GB、SSD512GB、グラフィックボードNVIDIA® GeForce® RTX™ 3050 8GBなので性能は十分です。

おすすめのノートパソコン

Lenovo Legion 560はCPUAMD Ryzen™ 7 5800H、メモリ16GB、SSD512GB、グラフィックボードNVIDIA® GeForce® RTX™ 3060なのでMMDを快適に動かすことができます。

まとめ

  • MMDはwindows専用ソフト
  • NVIDIA Geforce搭載のゲーミングPCを用意する
  • BTOショップなら高性能なパソコンを安く買える