Top

pmx editor準標準ボーンプラグインの使い方

ボイさん
ボイさん

MMDモデルにボーンを追加するpmx editorプラグインを説明します。

配布されているMMDモデルの中には必要なボーンがなかったりして特定の動きがつけられない場合があります。

その場合プラグインを使いボーンを追加すれば解決します。

この記事を読むとpmx editorプラグイン準標準ボーンの使い方がわかります。
こんな人におすすめ!・MMDモデルに足りないボーンを追加したい

 

pmx editor準標準ボーンプラグインの使い方

MMDは無料で使えますが一定のスペックがあるパソコンじゃないとカクカクしたりフリーズして満足に動かせません。

MMD推奨スペックパソコンはこちらで確認できます

音声合成ソフトが安いサイトで
A.I.Voice2を見る

準標準ボーンプラグインをダウンロードする

最初に準標準ボーンプラグインをダウンロードします。

SemiStandardBones.zipをダウンロードします。

 

pmx editor 準標準ボーン

プラグインを入れたら編集→プラグイン→User→準標準ボーン追加(PMX)を選びます。

ほとんどのMMDモデルはpmx形式なのでこちらで大丈夫です。

 

pmx editor 準標準ボーン

赤い枠と青い枠を入れるようにします。

赤い枠は必須、青い枠はあると便利なボーンです。

プラグインを適用したら保存します。

 

MMDで確認する

pmx editor 準標準ボーン

MMDで読み込んでボーンが追加されていればOKです。

これだけで必要なボーンは自動で作られるのでほとんどのモーションを適用したとき不具合なく動くはずです。

足IK親について

足IK親があると足全体が動くようになり細かい足の動きをつけやすくなります。

特定のモーションを適用するにはこの足IK親が必要な場合もあります。

動画で見るとわかりやすいです。

手持ちアクセサリー用ダミーについて

アクセサリーを手に持たせるときに便利になるボーンです。

 

pmx editor 準標準ボーン

アクセサリーを左ダミーに設定すれば手にアクセサリーを持たせる時便利になります。

アクセサリーの使い方はこちらを参照してください。

[MMD]アクセサリーをキャラクターにつけるやり方
MMDでアクセサリーをキャラクターにつけたり、持たせる方法を説明します。

 

肩キャンセルボーンについて

このボーンがあると肩だけ動かせることができ、肩だけ動かすという細かい動きを作ることができます。

動画で見たほうがわかりやすいです。

まとめ

  • MMDモデルに足りないボーンは準標準ボーンプラグインで追加する

PMX editorについて学べる書籍↓