Top

neutrino調整支援ツールの使い方

ボイさん
ボイさん

neutrino専用調整支援ツールの使い方を説明します。

Neutrinoで使える調整支援ツールがあります、このツールがあると歌声作成が楽になりますよ。

この記事を読むとneutrinoの調整支援ツールの使い方がわかります。
こんな人におすすめ!・自分でボーカル曲を作りたい人
・neutrinoの歌声作成を楽にしたい人

 

neutrino調整支援ツールの使い方

voiceroidの歌を無料で聞く方法はこちら

 

音声合成ソフトが安いサイトで
A.I.Voice2を見る

調整支援ツールをダウンロードする

nuetrino 調整支援ツール

画像引用:https://github.com/sigprogramming/tyouseisientool/releases/tag/v1.9.0.3

最初に調整支援ツールをダウンロードします。

 

neutrinoの使い方はこちらで解説してます。

neutrinoの使い方、MMD用ボーカル曲を作れる
MMD等で使うボーカル曲を作れるNEUTRINOのインストールと使い方を説明します

nuetrino 調整支援ツール

ダウンロードしたファイルを実行するとこのような画面が出ると思いますが無視して実行します。

 

nuetrino 調整支援ツール

その後ファイル→環境設定を選びます。

 

nuetrino 調整支援ツール

右側のフォルダを選びます。

 

nuetrino 調整支援ツール

neutrinoのRun.batがあるフォルダを選びます。

 

nuetrino 調整支援ツール

そしてOKをクリックします。

調整したいmusicxmlを読み込む

nuetrino 調整支援ツール

次は調整したいmusicxmlをドラッグアンドドロップします。

 

nuetrino 調整支援ツール

そして左上から歌手を選びます、今回はずん子を選びました。

すると左下にRenderingが表示されるのでこれがフルになるまで待ちます。

neutrino調整支援ツールの機能

SCORE

nuetrino 調整支援ツール

scoreを選ぶとノートの編集ができます、上下に移動したり長さを調節することもできます。

 

nuetrino 調整支援ツール

ダブルクリックすると歌詞を変更できます。

 

nuetrino 調整支援ツール

右クリックしてブレスを付けるを選ぶとブレスをつけられます。

timing

発音タイミングの調整ができる機能ですが、正直neutrinoの発音は良いのであまり使わない機能です。

pitch

nuetrino 調整支援ツール

ビブラートやケロケロボイスといった変化をつけることができます。

例としてビブラートを選び範囲選択することで下に項目が出るのでドラッグすることで調整ができます。

DEPTHは振れ幅、FREQは周波数の密度を表してます。

調整したらエンターキーを押します。

調整した歌声を出力する

nuetrino 調整支援ツール

ファイル→エクスポート→musicxmlをエクスポートするとmusicxmlで出力できます。

音声をエクスポートならwavファイルで出力できます。

まとめ

  • neutrino調整支援ツールをダウンロードする
  • 音を調整して出力する

漫画で覚える作曲の本があります↓